×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

リンク

HOME»  季節商品»  東京西川 近江手挽き真綿(絹)100% 1キロ 合い掛け 送料無料

東京西川 近江手挽き真綿(絹)100% 1キロ 合い掛け 送料無料

ブルー色
ベージュ色

東京西川 近江手挽き真綿 合い掛けふとん

サイズ: 150x210㎝
中わた: 絹100% 1キロ 
側生地: 絹100%

専門店だからご紹介できる商品がまさに 手挽き真綿(シルク)ふとんです。
湿気の多い日本の風土に合う素材は絹です。
古来から職人の手作業で作られてきました。
着物が売れた時代には、繭が着物に廻りましたが
着物が売れなくなった20年ほど前から 真綿に廻ってきましたが、、
今度は職人が激減してきて、先行き不安です。

寝具の中の湿度が快眠には大切です。
湿度50%を保つ、吸湿性・放湿性・保温性をシルクが調節します。
春から秋には この1キロの合い掛け
冬は肌に馴染むこのしっとり感が肩口、足元を包み込みますので
真綿の上に羽毛を押さえてください。
朝まで、ぐっすりと癒されながら眠りますよ。

  • 東京西川 近江手挽き真綿(絹)100% 1キロ 合い掛け 送料無料

  • 型番・品番

    PU7252

  • 販売価格

    110,000円(税込)

  • ポイント還元15%
  • メーカー希望小売価格

    152,777円(税込)

  • 在庫

    在庫あり

  • 配色

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 手挽き真綿掛けふとんです。
    春から秋には真綿 1キロの合い掛けふとんとして活躍します。
    今の寒い季節には、毛布代わりに肌に掛けその上に羽毛を押さえるのです。

    「真綿」とは繭をわた状に引き伸ばしたものをいいます。
    古くはこれを「わた」と呼んでいましたが、のちに木綿わた(コットン)が
    登場したため、木綿と区別するために、[真綿]と呼ぶようになりました。
    [真綿]は機械を使わずに手間をかけて丁寧に作り上げるものなので、
    作る人の気持ちがそのまま込められています。

    出来あがった[真綿]を、ふとんの詰め物とするためには、
    更に手作業が続きます。乾燥した[真綿]を4、二人組みで
    薄く引き延ばし、丹念に重ねてゆくのです。この手作業を手引きといいます。

    繊維の女王といわれる絹。絹のもつ特性を十分にいかした
    体にやさしい手挽き真綿ふとん

     さわやか 吸湿発散性にすぐれ、ムレを防ぎます。

     肌にやさしい 絹の成分はタンパク質。アミノ酸が肌を
              活性化させうるおいを与えます。

     とても清潔 手挽き真綿は長繊維なので綿切れも少なく
             抗菌防臭効果もあります。

     心地よい 肌ざわりがよく、カラダにフィット。
            やさしい温もりがえられます。

    カラダに馴染むので肩口も冷えず
    寝具の中の寝床内環境を理想の 温度33℃ 湿度50%を
    実現してくれます。
    夜中に暑苦しく掛けふとんを肌蹴ることがなくなり
    熟睡をうながしてくれます。

    冬は 掛けふとんの中掛けに。
    春から秋には サラッと爽やかにお休みいただけます。
     

関連商品